特典

旦那のクレジットカードを妻が使用しても平気?

クレジットカードを作成する際、利用者本人の名前を申込み用紙に記入し、本人の身分証明書や収入証明書を提出することになります。
つまり、カードは登録者本人しか使うことが出来ないのです。
例えば、旦那のクレジットカードをが使用することに対して、基本はNGとなっています。

実際に、家電量販店やホームセンターでクレジットカードを利用した際、本人のサインが必要になるので、当然本人がその場にいないといけません。
子どもがいて、旦那が子供を車の中であやしている間に、奥さんが旦那のカードを使って支払いをしようとする場合、本人を呼んでこないとダメと言われ、すぐに呼びに行って、清算したという事例が多いのです。
カードを盗んで使用するというトラブルを回避する為に、レジ側としても、家族であるという確認が取れませんので、当然NGとなってしまいます。

悪用されてしまったカードの損失分は、カード会社では補ってくれないケースも多いので、泣き寝入りするしかないのです。
本人に直接サインをしてもらうことが、安心安全に利用することに繋がるので、必ず本人が清算をし、サインをするようにしましょう。
又、家族用に家族カードがあり、有料だと、本会員よりも年会費が安くなるのでお得ですし、ポイントは、本会員である旦那のカードに貯まります。

個別にクレジットカードを作ることも、最近では年会費無料タイプが多いので、作っておいて損はありません。
ポイントカード程度であれば、代理人でも問題は無いでしょうが、クレジットとなると、買った物の代金を立て替えてくれる、つまりお金を借りている状態になるので、お金が絡んでくる為、カードは登録者本人が保管をし、利用する際も本人が直接対応しなければならないということが、お分かりいただけたと思います。
例え家族であっても、自分のカードは自分で保管し、誰にも貸さないようにするのが、社会人としてのマナーであると言えるでしょう。

Copyright(C) 2013 生活に欠かせない便利なカード All Rights Reserved.