特典

クレジットカードは転職したら使えなくなる?

多くの人が利用しているクレジットカードは一体どういった仕組みなのかと聞くと、はっきりと答える人はそう多くないでしょう。
なぜなら、最近はポイントが付くなど、とても利便性が強くなり、あまり考えなしに、カードを作成している人が少なくないからです。
そこで簡単に説明すれば、先ず消費者が申込みをし、必要書類を提出して、金融会社が審査を行い、OKが出れば、カードが作成されます。

作ったカードを使って、お店の商品やサービスを購入し、カードを提示することで、その代金をカード会社が立て替えをしてくれるのです。
勿論そこには手数料がかかり、その分を上乗せして、後日、支払日に、指定口座から引き落としされることになるのです。
ポイントが付くことで、そのポイントを使って、新たな買い物に利用できるので、利用できるお店が多ければ多い程、ポイントはどんどん溜まって、有意義なカードとなりますが、逆にあまり行かないお店ばかりでは、ポイントも溜まりませんから、当然あまり意味が無くなってしまいますので、普段良く使うお店提携のカードを作ると良いでしょう。

ところで、どんなに利用頻度が高く、利便性が高くても、もしも転職をしてしまったら、そのカードは使うことが出来ないのでしょうか?
先ずは、転職が決まった時点で、早急にその旨をクレジット会社に連絡することです。
勤務先や連絡先、年収等が変わってきますので、その旨の連絡も必要です。

変更がないかどうか、変更があれば変更内容を記入するはがきが送られてくるので、そちらに記入して返送する必要があります。
これは、割賦枠販売法という法律の元で、必ず金融会社が行わなければならないことなので、これに応じなければ、利用を停止させられてしまう可能性もあるので、注意してください。
又、もしも収入が以前の勤務先よりも減少してしまった場合、利用限度額も下がる可能性があるので、気を付けなければなりませんし、逆に収入が多くなれば、利用限度額が引き上げられる可能性があるので、買い物好きで、一度に大量買いしてしまうという人にとっては、嬉しいサービスと言えるでしょう。
しかし、これはお金を立て替えること、借金であるとも言えるので、計画的に利用するようにしましょう。

Copyright(C) 2013 生活に欠かせない便利なカード All Rights Reserved.